ビービット、「USERGRAM」アプリ計測機能がアップデート、どのプッシュ通知からアプリ起動したか把握可能に

ネイティブアプリの行動データ計測機能をアップデートし、解像度高くシーケンス分析
よろしければこちらもご覧ください
ネイティブアプリ利用行動に対して取得した付加情報の表示イメージ
ネイティブアプリ利用行動に対する絞り込み条件設定のイメージ

UXデザインのビービットは、シーケンス分析クラウド「USERGRAM」がネイティブアプリの行動データ計測に関わる機能をアップデートし、より解像度高くシーケンス分析を行えるようになった、と10月30日発表した。

アップデートでは、ネイティブアプリの利用行動についてより具体的なデータを取得・利用することが可能になり、ネイティブアプリに関してより精緻なシーケンス分析が実現できるようになった。

アップデートによるデータ計測基盤の拡張に伴い、「USERGRAM上で計測対象としているイベントの発生」「プッシュ通知からの起動」「ディープリンククリックによる起動」が計測された際に付加情報として任意の文字列を取得できるようになったという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]