DAC「AudienceOne®」が「TikTok Ads」と連携、オーディエンスデータを活用し、より細やかなコミュニケーション施策を

企業はTikTok Adsでの広告配信において、AudienceOneの詳細な属性データを利用可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/10/31 18:04

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、同社のDMP「AudienceOne」が広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」と連携を開始する、と10月30日発表した。企業は、TikTok Adsでの広告配信に際しAudienceOneが持つオーディエンスデータを活用し、ターゲットユーザーにあわせたコミュニケーション施策を実施することが可能になる。

連携により、企業はTikTok Adsでの広告配信において、AudienceOneが保有する詳細な年齢などの属性データや興味関心データ、AudienceOneパートナー企業が提供した学生、子育て中などのライフステージデータや、食品、アパレル、化粧品等に関する購買データ他を利用することができる。

ユーザーにあわせた柔軟で効果的な広告配信・運用が可能になるため、訴求したい製品・サービスの顕在ターゲット層のみならず、利用可能性のある潜在層へのアプローチを実現する。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]