セールスフォース、すべての企業に人工知能のパワーを提供する「Salesforce Einstein」を発表

予測分析に基づき的確にパーソナライズしたカスタマーエクスペリエンスを顧客に提供
よろしければこちらもご覧ください

クラウドサービスのセールスフォース・ドットコムは、すべての顧客企業に人工知能(AI)のパワーを提供する「Salesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)」を9月21日発表した。Salesforce Einsteinを活用することで、あらゆる企業が、営業、カスタマーサービス、マーケティング、コマースなどの現場で、予測分析に基づき的確にパーソナライズしたカスタマーエクスペリエンスを顧客に提供できるようになるという。

Salesforce Einsteinの導入により、セールスフォースが提供するクラウドサービスにAI機能が組み込まれる。顧客データや、Chatter、メール、カレンダー、eコマースの活動データ、ツイートや画像などのソーシャルデータストリーム、IoTのシグナルも利用する。毎日数百万のユーザーが情報を入力するセールスフォースは、独自に構築した規模を活用し、営業、カスタマーサービス、マーケティング、コマースなどに最適なモデルを提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

行動ターゲティング
ネット広告の種類の1つ。 ユーザーごとに、そのユーザーがネット上でどんなサ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]