電通グループの「People Driven DMP」とセールスフォース・ドットコム「Salesforce Audience Studio」のデータ連携開始

ニーズや嗜好をより深く捉え、ブランド体験を構築し、エンゲージメントを強化
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/6/7 17:05

電通デジタルと電通は、共同で電通グループ独自の統合マーケティングプラットフォーム「People Driven DMP」と、セールスフォース・ドットコムのSalesforce Marketing Cloudの「Salesforce Audience Studio」のデータ連携によるソリューションの提供を6月6日より開始する、と同日発表した。顧客のニーズや嗜好を「人」単位でより深く捉え、パーソナライズしたブランド体験を構築し、エンゲージメントを強化することが可能になるという。

Salesforce Audience Studioは、自社が保有する1stパーティデータと外部から得られる2nd、3rdパーティデータの統合を可能にし、顧客との関係強化に活用できるプラットフォーム。People Driven DMPは、さまざまなオーディエンスデータや各種メディアの接触データ、購買データ、位置情報データなどを人(People)基点で活用することができるプラットフォームとなっている。

2つのDMPを相互データ連携させることで、より詳細に顧客のニーズや嗜好を捉え、顧客とのエンゲージメント強化する広告配信やデジタルプロモーションを実現する狙いがある。両DMPのCookieシンク(Cookieデータを使った管理)により、スムーズで高度なマーケティング施策の実現が可能になる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]