電通グループがコンテンツマーケを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供開始、CCIの「CCI Content Studio」が中核に

Webメディアとの連携、メディア横断でのコンテンツ開発など、難しかった施策が可能に
よろしければこちらもご覧ください

電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズ(CCI)の電通グループは、「人」基点でコンテンツマーケティングを統合・高度化する「People Driven Content Marketing(ピープル・ドリブン・コンテンツ・マーケティング)」サービスの提供を開始する、と5月24日発表した。オウンドメディアだけでなく、Webメディアとの連携や、メディア横断でのデータドリブンなコンテンツ開発・運用など、これまで難しかった施策が可能になる。People Driven Content Marketingの中核となるのはCCIが新設した「CCI Content Studio」となる。

CCIのコンテンツマーケティングの専門組織CCI Content Studioは、電通、電通デジタルおよびパートナー企業8社と協力し、電通グループが提唱する「人基点」のマーケティング手法を活用したコンテンツマーケティングを推進する。CCIではパートナー各社と共に、メディアコンテンツの開発からコンテンツがユーザーに与えた影響の分析、および新たなコンテンツ評価フレームの開発を行う専門組織としてCCI Content Studioを設立し、「メディアコンテンツの開発サポート~PDCA運用」「新たなコンテンツ評価フレームの開発」などを行う。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]