KANADE DSPとMomentumのブランドセーフティソリューション「BlackSwan」が連携し、ネガティブな広告掲載の除外が可能に

京セラコミュニケーションシステムのKANAMDE DSPが、Black Swanと連携を開始

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)と広告効果検証のMomentumは、KCCSの広告配信サービス「KANAMDE DSP」において、モメンタムのブランドセーフティ(ブランド保護)ソリューション「BlackSwan」と連携した広告配信を開始する、と5月24日発表した。BlackSwanは広告を配信するページのコンテンツの内容を解析し、ブランドイメージを損なうネガティブな広告掲載を除外することができる。

KCCSとMomentumの連携により、広告主は従来の「KANADE DSP」独自のフィルタリングに加え、広告主の業種や広告の内容に合った配信面にブランドセーフティに配慮した広告掲載を行うことが可能になる。今後はモメンタムのアドフラウド(広告詐欺)対策ソリューション「BlackHeron」との連携も予定している。KCCSとモメンタムは、連携を通じて健全な広告配信を行い、ブランド価値とROI向上に貢献していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

行動ターゲティング
ネット広告の種類の1つ。 ユーザーごとに、そのユーザーがネット上でどんなサ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]