CCIがアドビのデータマーケットプレイスへデータ提供を開始、オーディエンスデータを活用可能に

デモグラフィック属性などのデータを、コミュニケーション最適化に活用可能に

サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、アドビシステムズが提供する「Adobe Audience Manager」を介してDMP利用者とデータプロバイダーの間でデータの流通・売買を可能にするデータマーケットプレイスにデータプロバイダーとして参画した、と8月10日発表した。

Adobe Audience Manager利用ユーザーは、「DataCurrent」のデータエクスチェンジサービスで保有するデモグラフィック属性、興味関心属性を始めとするオーディエンスデータを、オンライン広告やオンサイトターゲティングでのコミュニケーション最適化に活用することが可能となる。

DataCurrentは、CCIのデータコンサルティングサービスの名称で、企業のプライベートDMP導入支援やDMP導入後の運用サポートを通じて得たノウハウを活かして、データパートナー企業が提供するデータを独自に解析し、セグメントの生成/提供をしている。

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]