Appierがfluctと連携開始、広告配信先の拡充と動画リワード広告の配信量増加を目指す

アプリ滞在時間やアクティブ率など、アプリのKPI改善が可能に

AIテクノロジーのAppier(エイピア)は、広告配信プラットフォーム事業のfluctと提携し、デジタル広告の配信先を増強し、広告ビジネスのパフォーマンスを向上する、と8月19日発表した。fluctは、同社のSSP「fluct」が提携するパブリッシャーの収益拡大を図ることが可能となる。

Appierは、fluctが保有する配信先に対して、利用が急拡大している動画リワード広告を実施することで配信量増加が期待できる。動画リワード広告は、動画視聴の意思決定をユーザーが行うため、ユーザビリティを考慮した実装が可能で、アプリ滞在時間やアクティブ率など、アプリのKPI(主要業績評価指標)改善が可能となる。

fluctの動画リワード広告は、エラー発生時の迅速な原因究明が可能で、収益最大化のためのアドネットワーク配信比率自動最適化機能を備えている。また、SDK実装時に動作確認をしたいアドネットワークのみを選択し、配信できる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]