ソーシャルメディアのクチコミ拡散を自動レポート、Webサイト分析の「AIアナリスト」が機能追加

WACULの人工知能が自社サービスと関連するキーワードやURLが掲載されたときに報告
よろしければこちらもご覧ください

AI事業のWACUL(ワカル)は、Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に新しい機能を追加した、と8月22日発表した。新機能は、「Twitter」やブログ、ニュースサイトなどで、自社サービスと関連するキーワードやURLが掲載されたときに人工知能が自動で報告を行う。人間が集計する必要がなく、すぐに把握できるので、マーケティング担当者や広報担当者にとって便利な機能になる。

新しく追加したAIアナリストの機能は「サービスに関して、どのような口コミがあるか」「プレスリリースがどれほど拡散したか」などをすぐに把握できる。また、他媒体に掲載された結果、自社サイトの実績にどう影響したかを紐づけできるので、日々の効果検証が容易になるという。アクセス解析を自動で行うAIアナリストへの登録は無料。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]