WACULの「AIアナリスト」に人工知能がSEOで狙うべきキーワード候補を検出する新機能追加

「検索エンジンでの表示順位が低いもの」などをAIが検出し、CVにつながるものを提案
よろしければこちらもご覧ください

データの「わかる化」のWACUL(ワカル)は、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」に新機能「検索キーワード候補分析」を追加した、と12月25日発表した。SEOで狙うべき自然検索のキーワードを自動で洗い出し、Webサイトの集客力アップに貢献する。「検索エンジンでの表示順位が低いもの」、「現在検索されているキーワードと似ているがまだ検索されていない類語」をAIが検出し、CV(コンバージョン)につながる可能性が高いものを提案するという。

検索キーワード候補分析は、「SEOに注力したいが、狙うべきキーワードをどう決めていいのか分からない」「コンテンツを増やしたいが、記事のネタが尽きてしまい新しく集客の見込めるキーワードを知りたい」「自分でキーワードをリストアップしているが、抜け漏れがあるのではと不安に感じている」などの課題を持つケースに向く。なお、検索キーワード候補分析機能の一部は無料で利用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]