人工知能がWebページのデータから課題を自動で発見、「調査機能」をAIアナリストが実装

WACUL、調査機能の追加で貢献度チェックや改善ページの効果検証を手軽に実施
よろしければこちらもご覧ください

Webサイト制作のWACUL(ワカル)は、同社の人工知能「AIアナリスト」に6月13日、「調査機能」を追加した、と同日発表した。調べたいページのURLを入力すると、人工知能がデータを集計して該当ページの課題を教えてくれる。調査機能は、新しく制作した特集ページの貢献度チェックや、改善したページの効果検証を手軽に実施することができる。

AIアナリストに追加した調査機能は、たとえば“/member/”があったときにCVR(会員登録など目標のつながる率)が2.9倍になる反面、全訪問者の22.8%は該当ページを見ていないという課題が出た。調査機能では、この結果により“/member/”のページを「より見られるように改善すぺき」と判断する。調査機能は「新しい特集ページを作ってみたけれど、効果は出ているのか」「ページを新しくしたいが、どんな改善をすればいいのか」といった疑問があるときに、簡単に調べることができるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]