Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」、異常な変化をメール報告する新機能追加

WACULの人工知能がWeb担当者に代わって訪問数やCV数を毎日チェックし報告

Webサイト分析のWACUL(ワカル)は、運営しているサービスやWebサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に新機能を追加した、と2月11日発表した。新機能は、人工知能がWeb担当者に代わって訪問数やCV数を毎日チェックし、異常な変化と原因を報告する。アクセス解析を放置することで発生しかねない問題も、AIアナリストに追加した新機能によってすぐに発見することができる。

AIアナリストに追加した新機能は、「毎日のデータチェック」「変化の原因の調査」「月次レポートの出力」の3項目。毎日のデータチェックでは、CV数が急に増減したときなど、すぐにメールで報告する。人工知能が曜日や月の傾向も学習するので、本当に重要な増減だけを把握できる。変化の原因の調査では、「検索順位が下がった」「Facebookで紹介された」など、データに変化を及ぼした可能性のあるできごとを調査して報告する。また、人工知能が出した報告は、アクセス解析レポートとして出力できる。

WACUL
http://wacul.co.jp/

AIアナリスト新機能特設サイト
http://wacul-ai.com/lp/20160211/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スニペット
検索エンジンにキーワードを入力して表示される検索結果ページで、検索結果の各項目に ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]