電通、動画広告をプレミアム広告枠に掲載する「プログラマティック・ビデオアド」サービスを本格化

Teads社のテクノロジー供給を受ける形で「Premium Videoシリーズ」として展開
よろしければこちらもご覧ください

電通は、デジタル広告における企業ブランディングの強化と市場の活性化に貢献するため、同社の大規模プライベート・マーケット・プレイス(電通PMP)において、動画広告をプレミアム広告枠に掲載する「プログラマティック・ビデオアド」サービスを本格化し、「Premium Videoシリーズ」として展開する、と2月12日発表した。現在電通PMPで導入済みのGoogle社「DoubleClick Bid Manager」と「DoubleClick Ad Exchange」に加え、Teads社のテクノロジー供給を受ける形でPremium Videoシリーズを展開していく。

Premium Videoシリーズには、サイト上部リッチ枠の「トップリッチ」、サイト上部大型枠の「ビルボードビデオ」、記事文中枠の「インリード」、自動再生動画広告の「オートプレー」、動画コンテンツ内に流れる動画広告「インストリーム」の5種類の広告フォーマットがある。これらを電通PMPメニューと同様に、ターゲティングを含めた広告配信制御ができる。電通PMPに参画する媒体社から優良広告枠を設定するため、企業のブランディングに貢献する動画広告施策が可能になるという。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

プログラマティック・ビデオアドについて
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/0212-008666.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]