野村総研がテレビCMの放送前に効果を予測するモデルを開発、2018年度中に提供開始

AIを利用して高精度、多様な視点で、放映する予定のテレビCMについて事前に効果予測
よろしければこちらもご覧ください

野村総研は、AI(人工知能)を用いて同社が提供する「インサイトシグナル」サービスで収集しているシングルソースデータを分析することにより、テレビCMの効果を高精度で予測するモデルを開発した、と2月5日発表した。制作した未公開のテレビCMについて、「どの程度の広告効果が見込めるか」を予測することが可能になる。AIを利用してユーザー企業のマーケティング担当者自身が、より高精度、多様な視点で、自社で放映する予定のテレビCMについて事前に効果予測できるサービスは、2018年度中に提供開始する。

予測モデルを用いて、テレビCMによる広告効果を予測したところ、CM認知スコアについては95.3%、購入・利用意向スコアについては91.3%という精度で、正解率を判定できた。過去にインサイトシグナルで取り扱った約3万サンプルの消費者から得た広告効果データと、203事例のテレビCMについて画像解析や音声解析など複数の手法を組み合わせて特徴量を抽出したデータとを紐づけ、これらのデータを機械学習したAIによって両者の関係性を明らかにした。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]