博報堂DYグループがオウンドメディアのコンテンツ開発ソリューション「HACC」開始

ニーズや関心に基づいた独自コンテンツの設計・制作から蓄積データの分析まで実施
よろしければこちらもご覧ください

博報堂DYホールディングスのグループ横断型組織「博報堂DYグループ・次世代オウンドメディア・マーケティングセンター」は、オウンドメディア(企業やブランドが所有する媒体)のコンテンツ開発ソリューション「HACC」の提供を始めた、と11月5日発表した。グループでデジタルマーケティングのアイレップと展開する。ウェブ検索などのデータを解析し、企業や商品へのニーズや関心を明らかにしたうえで企業・商品が訴求したい内容をつなぐオウンドメディアの独自コンテンツを設計・制作。オウンドメディアで蓄積されたデータの分析も手掛ける。

マーケティングとクリエイティブに関する博報堂DYグループ各社のリソースと、アイレップの検索領域の知見を組み合わせる。HACCは「Search」「Creation」「Analyze」の3つのサービスで構成。Searchは検索データなどを基にオウンドメディアで取り上げるコンテンツのテーマを定義し、生活者が興味を持つコンテンツを設計する。Creationはグループ各社の連携でコンテンツの質・量とコストを両立させる制作体制を構築する。Analyzeは取得したデータを分析し、来訪者の属性や行動実態を把握してマーケティングやビジネス全体に反映させる。

博報堂DYホールディングス
https://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]