アドビ、モバイルアプリの制作とコンテンツ配信をサポートする「Adobe Digital Publishing Solution」を提供

既存コンテンツを簡単に再利用でき、コーディングなしでコンテンツを作成可能に

アドビは電子媒体制作ソリューション「Digital Publishing Suite」の次世代バージョン「Adobe Digital Publishing Solution(DPS)」の提供を7月30日開始する、と同日発表した。企業や大学、メディア企業はDPSの利用により既存コンテンツを簡単に再利用でき、コーディングなしでコンテンツを作成することができる。DPSで作成したモバイルアプリは社内向けだけでなく、アプリストアを通じて一般に配布することもできる。

DPSは、作成したばかりのコンテンツをプッシュ配信できる。ブランドを持つ企業はシームレスにコンテンツを制御可能になる。アプリ内分析機能により、オンラインやオフラインのデータを収集し、顧客獲得のトラッキング、コンバージョン測定が実行できる。コンテンツを収益化する出版社や企業向けには、さまざまな支払いオプションをサポートする。大企業規模に拡張した新しいアカウント管理システムを提供するため、企業は社外パートナーのアプリ作成プロセスにかかわる関係者に許可を割り当てることができる。

アドビ
https://www.adobe.com/jp/

Adobe Digital Publishing Solution
http://www.adobe.com/jp/products/digital-publishing-solution/features.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]