Jストリーム、リアルタイムに設定変更できる新CDNサービス「J-Stream CDNext」提供開始

従来提供していたCDNサービスの料金体系はそのまま、安定配信可能で最新技術にも対応
よろしければこちらもご覧ください

映像・音声データ配信関連のJストリームは、ユーザー自身がCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)設定できる配信設定コンソールなど、機能を拡張した新CDNサービス「J-Stream CDNext」を6月1日に提供開始した、と同日発表した。同社が従来から提供していたCDNサービスの料金体系はそのままに、安定的な配信が可能でSSLや最新の技術にも対応したサービスとなる。

J-Stream CDNextで新たに提供する配信設定コンソールは、ユーザー自身がCDNの設定が可能なため、突発的なアクセス集中時にも即座に対応することができる。設定画面のユーザビリティにも配慮し、これまでCDNの利用経験がないユーザーでも手軽に利用できる。サーバーやキャッシュエンジンの処理性能も向上し、大規模配信においても安心して利用することができる。

Jストリーム
http://www.stream.co.jp/

「J-Stream CDNext」サービス詳細
http://www.jstream.jp/service/delivery/cdn/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

リアルタイム検索
Webに公開されたコンテンツが、すぐに検索できるようになる仕組み。 または ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]