Jストリーム、月額5,000円からの公共サイト向けCDN「地方公共団体向けプラン」提供開始

災害時などのアクセス集中対策としてCDNを利用する地方公共団体に向けて提供
よろしければこちらもご覧ください

映像・音声データ配信関連のJストリームは、CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)サービス「J-Stream CDNext」に「地方公共団体プラン」を追加し、提供を開始した、と10月5日発表した。災害時などのアクセス集中対策としてCDNを利用する地方公共団体が増加しているため、Jストリームでは導入拡大に向け、人口10万人につき月額5,000円で安定的な情報発信を実現する「J-Stream CDNext 地方公共団体向けプラン」の提供を開始することにした。

地方公共団体向けプランは、各公共団体の人口によって利用料が変動する。CDNアカウント発行費用は5万円、月額利用料は人口10万人につき5,000円。サービス提供先は地方公共団体と地方公共団体のWebサイトを運営する企業と団体。1ヵ月のデータ流量は500GBを目安とし、定常的に流量が超過する場合は別途契約を協議する。また、契約期間は年間契約を前提とする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]