アドビ、コンテンツ開発者向けオーサリングツール「Adobe Technical Communication Suite」提供開始

エンドユーザーを対象としており、双方向のテクニカルコンテンツの作成を効率化
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/6/4 14:08

アドビはコンテンツ開発者向けのオーサリングツールキット「Adobe Technical Communication Suite」最新版の提供を6月2日開始した、と同日発表した。アラビア語やヘブライ語など、右から左に読む言語でのコンテンツのオーサリング、翻訳およびパブリッシングを包括的にサポートするなど、世界中のエンドユーザーを対象としており、標準に準拠した双方向のテクニカルコンテンツの作成を効率化する。

Adobe Technical Communication Suiteは、高度なパーソナライゼーション機能によって読者の検索速度を高速化することができる。ワンクリックでコンテンツをレスポンシブHTML5、電子書籍、モバイルアプリなどのフォーマットに出力できる。最新版ではパブリッシングソリューション「Adobe FrameMaker」、モバイルパブリッシングソリューション「Adobe RoboHelp」をはじめ、すべての主要コンポーネットをアップデートした。

アドビ
http://www.adobe.com/jp/

Adobe Technical Communication Suite
http://www.adobe.com/jp/products/technicalcommunicationsuite.html

用語集
HTML5 / へブライ語 / アラビア語 / オーサリング / コンテンツ / パブリッシング / 効率化 / 双方向 / 翻訳 / 電子書籍
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]