年間1,500円で利用できるドメイン認証SSL「ラピッドSSL」をさくらインターネットが提供開始

人気の「ジオトラスト」ブランドで、1枚で複数サーバに利用でき、台数制限なし

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、SSLサーバ証明書のラインアップを拡充し、年額1500円から利用できるドメイン認証SSL「ラピッドSSL」を7月30日に提供開始した、と同日発表した。ラピッドSSLは人気SSL証明書ブランド「ジオトラスト」ブランドで、1枚で複数のサーバに利用でき、サーバ台数の制限がない。有効期間1年の場合、年額1500円と安価のため、WebサイトやECサイトを個人で運営する人が利用しやすい。

ラピッドSSLは、「さくらのレンタルサーバ」「さくらのマネージドサーバ」などレンタルサーバサービスのコントロールパネルから申し込めば、入金確認後数分で証明書を発行する。認証に必要なファイルは自動でアップロードし、証明書自体もサーバに自動でインストールする。有効期間は1・2・3年の3パターンから選ぶことができる。9月30日まで、ラピッドSSL1年分の料金を値引きして提供するキャンペーンを実施している。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

ラピッドSSLキャンペーンサイト
http://www.sakura.ad.jp/campaign/rapid_ssl/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]