マーケティングオートメーション活用のための「データマネージメントサービス」開始

シンフォニーマーケティング、コンサルティング、データベース統合、運用サポート提供
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング支援のシンフォニーマーケティングは、マーケティングオートメーションを有効活用するための「データマネージメントサービス」を始める、と6月8日発表した。マーケティングオートメーションで不可欠な社内データの統合管理をはじめとしたデータマネジメントを実現する。コンサルティング、データベース統合、運用サポートを提供し、マーケティングオートメーションを活用した仕組みの早期立ち上げや、導入効果の最大化を図る。

専門家によるデータマネジメントに関するヒアリング・アドバイスや、データ統合ポリシー、運用ルール策定を行い、保有データの一元化、名寄せ、企業属性情報の付与などを実施し、データマネジメントの運用を支援。顧客が目指すマーケティングプランに合わせたサービスを提供する。オンラインの情報だけでなく、セミナーや展示会、営業名刺などさまざまな情報も含め、コミュニケーション履歴を管理するデータマネジメントが可能になる。

シンフォニーマーケティング
http://www.symphony-marketing.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]