媒体別の最適化やA/Bテストに対応したデータフィード運用最適化プラットフォーム「D-Freed」の提供開始

オプトがデータフィード広告における企業の広告効果の最大化を図るためにサービス提供
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティングのオプトは、レコメンドリターゲティング広告をはじめとする、データフィード商材の運用最適化プラットフォーム「D-Freed」の提供を開始した、と5月7日発表した。D-Freedのメリットは、データフィード生成の手間の大幅な軽減、複数媒体のデータフィードを一括管理、媒体ごとのデータフィード最適化や作成したクリエイティブのA/Bテストの実施がある。データフィード広告における企業の広告効果の最大化を図るため同サービスを提供することにした。

D-Freedは、企業の商品データを基にした広告配信メディアごとのデータフィードの作成や、効果改善を目指したデータの編集・加工が可能。オプトが管理画面上で対応するため、データフィード運用のスピード向上と費用の削減ができる。アイテムの特徴に応じて、クリエイティブ表示のさまざまな条件設定が可能となり、CTR(クリックスルー率)が向上する。また、販売を強化したいアイテムやキャンペーンを設定し、入札を行うことで、より適正な価格での入札ができるようになる。

オプト
http://www.opt.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]