トライバルメディアハウスが音楽マーケティング専門部署を発足、企画・制作からPRまで一貫して提供

リスナーや生活者、ブランドなどに音楽やエンターテインメントコンテンツを通して貢献
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアマーケティングのトライバルメディアハウスは、音楽マーケティング専門部署「Music Communication Design事業部」、通称「Modern Age(モダンエイジ)」を4月21日発足した、と同日発表した。音楽の聴き方、購入方法などが多様化するなか、音楽業界だけでなく、音楽を通してつながるリスナーや生活者、ブランドなどに音楽やエンターテインメントコンテンツを通して貢献したいと考え、モダンエイジを発足することにした。

モダンエイジは、音楽にかかわる統合コミュニケーションデザインを企画から制作、広告、PRまで一貫して提供する。レーベルやアーティストなどに対する直接的な音楽マーケティングの支援だけでなく、一般消費財や耐久消費財、その他専門品や専門サービスなどのブランドマーケティングに、音楽やエンターテインメントコンテンツを効果的に組み合わせることで、従来のマーケティングコミュニケーションの限界を超えることを目指していくという。

トライバルメディアハウス
http://www.tribalmedia.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]