NTT東日本、Wi-Fiを活用した飲食業・小売業などを営む事業者向けに「O2Oクラウドサービス」を提供

来店者にクーポンやレコメンド情報を表示し、ユーザーの事前登録情報の収集が可能に
よろしければこちらもご覧ください

NTT東日本は、O2Oサービス市場の拡大を受け、飲食業・小売業などを営む事業者向けのサービスとして、Wi-Fiを活用したアプリケーションサービス「O2Oクラウドサービス」を11月4日から提供開始する、と同日発表した。事業者のスマートフォン・タブレット端末向けアプリケーションと、同サービスを連携させることでユーザーは特定のWi-Fiアクセスポイントへの自動接続が可能になる。事業者は来店者へのクーポンやレコメンド情報などの表示、Wi-Fiアクセスポイントに接続するユーザーの事前登録情報の収集が可能になる。

O2Oクラウドサービスは、事業者が来店者に提供するスマートフォン・タブレット端末向けアプリと連携することでWi-Fiに関連する機能やサービスを提供し、購買促進やリピート率向上に寄与する。すでにWi-Fiアクセスポイントを設置している店舗では、すみやかにO2Oの仕組みを構築することができる。提供するサービスは、「Wi-Fi自動接続」「来店/退店時などのメッセージ表示」「情報収集」など。来店者のスマートフォンやタブレット端末に店内のおすすめ商品情報を表示したり、退店時に次回来店時に使えるクーポンやポイントを表示することが可能。タイミングや場所、属性情報に基づくメッセージ表示によりワン・トゥ・ワン・マーケティングが実現できる。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

O2Oクラウドサービス
https://flets.com/o2o/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]