サイトコア、ビッグデータのマーケティング活用を実現する「Sitecore Experience Platform」を発表

拡張性の高いデータベースとコミュニケーションを管理画面で可視化する機能を追加
よろしければこちらもご覧ください

CMSのサイトコアは、顧客一人ひとりに合ったカスタマーエクスペリエンス(顧客経験価値)を提供するプラットフォーム「Sitecore Experience Platform」のアーリーアクセスプログラム(開発中の技術を顧客などに提供する制度)を4月30日に発表した。同プログラムは拡張性の高いデータベース「Sitecore Experience Database」と顧客のプロファイル概要とブランドのコミュニケーションを管理画面で可視化する「Sitecore Experience Profile」を含む。同日付けで製品名を「Sitecore Customer Engagement Platform」から、Sitecore Experience Platformへと変更した。

Sitecore Experience Platformは、データ容量にかかわらず、サイト訪問者と顧客のすべてのチャンネルにおけるエクスペリエンスをマーケティング部門が収集し、管理することを可能にする。Sitecore Experience Databaseは、オンラインとオフラインのエクスペリエンスデータを収集し、データを特定の個人に関連づけ、対話型のエクスペリエンスをリアルタイムで実現する。サイトコアの既存ユーザーは、アーリーアクセスプログラムに参加してSitecore Experience Databaseが利用できる。

サイトコア
http://www.sitecore.net/japan

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]