KDDIウェブコミュニケーションズ、クラウド電話API「Twilio」で料金プランの改定と0120番号の提供を開始

2013年4月から提供しているTwilioのトラフィック急増により、値下げが実現

ホスティングサービス事業のKDDIウェブコミュニケーションズは、クラウド電話API(アプリケーションプログラミングインターフェース=ソフトウェアが相互にやり取りするための仕様)「Twilio」で、050番号の料金プラン改定および着信者課金番号(0120番号)の提供を開始する、と4月9日発表した。インターネット上から電話やSMSの送受信ができるTwilioは、APIをWebサイトやアプリに実装すれば利用できる。2013年4月から提供しているTwilioのトラフィック急増により、料金プランの改定(値下げ)が実現した。

Twilioの050番号に関する新料金プランでは、これまで税込み490円だった月額料金を税別100円で提供。また、固定電話あての受着信料金を税込み9円/分から税別5円/分に、携帯電話あての受着信料金を税込み19円/分から税別15円/分に値下げするほか、SMSやアプリの受発信料金も2.8%値下げする。新サービスの0120番号は税別1500円で提供。発信者には通話料金は発生せず、着信者に税別20円/分の料金が発生する。

KDDIウェブコミュニケーションズ
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]