KDDIウェブコミュニケーションズ、クラウド電話API「Twilio」でSMS機能の提供開始

ウェブやアプリケーションからSMSの送受信が可能、国内と海外の通信事業者に対応
よろしければこちらもご覧ください

ホスティングサービスのKDDIウェブコミュニケーションズは、同社のクラウド電話API「Twilio(トゥイリオ)」でSMS機能の提供を6月27日始めた、と同日発表した。SMSは携帯電話番号を宛先にメッセージが送受信でき、SMSのAPIを利用するとウェブサイトやアプリケーションからSMSの送受信が可能になる。国内の各通信事業者の携帯電話番号に加え、海外の携帯電話番号宛てのSMS送受信にも対応する。

SMSで利用する携帯電話番号は、契約時に通信事業者が本人確認しているため、なりすまし対策につながり、発信者番号通知をしていると確認なく返信できる。SMS機能によって、オンラインとオフラインを連携した施策の効果的な実現につながるという。Twilioはインターネット上から電話をかけたり受けたりできるサービス。

KDDIウェブコミュニケーションズ
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

Twilio
http://twilio.kddi-web.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]