アイレップ、YouTube動画の上位表示を実現する「YouTube動画最適化サービス」を提供開始

動画が検索しやすい環境を構築し、動画をマーケティング活動の成果につなげる
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、「YouTube」動画において企業と生活者の接触機会を拡大する「YouTube動画最適化サービス」の提供を3月25日より開始する、と同日発表した。スマートデバイスの普及などにより、生活者の動画視聴時間は増加傾向にある。人気の高い動画共有サービスYouTubeは、月間ユーザー数10億人を突破し、企業のマーケティング活動における期待が高まっている。企業は動画制作には取り組んでいるものの、動画が検索しやすい環境を構築する取り組みはできていない。YouTube動画最適化サービスは、企業が制作した動画をマーケティング活動の成果へとつなげていく。

YouTube動画最適化サービスは、動画コンテンツの最適化、チャンネルの最適化、動画掲載ページの最適化を行い、SEOの観点からYouTube内での検索結果の上位表示を実現し、企業と生活者の接点の拡大を目指す。価格は都度見積もりで、1チャンネル、10動画、YouTubeのみを対象とした場合の改善提案の参考価格が30万円。サービスはYouTube内に動画が存在し、YouTubeチャンネルを保有することが利用条件となる。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]