三井住友カード、インターネット決済専用プリペイドカード「三井住友Visaプリペイドe」発行

加盟店で買い物が可能、カード番号の使い切りと同一カード番号での繰り返しチャージから選択

三井住友カードは、インターネット決済専用のVisaプリペイドカード「三井住友Visaプリペイドe」を春に発行する、と3月4日発表した。世界中のVisaインターネット加盟店で買い物ができ、カード番号の使い切りと、同一カード番号での繰り返しチャージが選択可能。18歳以上なら審査不要で、ウェブサイトで簡単に購入できる。実際のカードはなく、ウェブでカード番号が発行される仕組み。購入後すぐに利用が可能になる。専用のウェブサービスで残高やカード利用の照会ができる。

ECの利用拡大が見込まれることから、多様な決済ニーズに対応するため開発した。Visaプリペイドカードで唯一、1回ごとに使い切って新たなカード番号に変更する方法と、有効期限内に繰り返しチャージする使い方が選べる。使い切り型は何度でも発行でき、用途によって使い分けられる。リチャージ型はEC店舗内でカード番号を登録し直す必要がなくなる。残高上限は5万円で、1回あたりの購入・チャージ上限は2万9000円。利用額2000円で1ポイントたまり、1ポイント5円で買い物に使える。

三井住友カード
https://www.smbc-card.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]