さくらインターネット、企業の社内システムのクラウド化推進で日本マイクロソフトと協業

「さくらの専用サーバー」「さくらのクラウド」で「Windows Server 2012 R2」を採用
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、大企業、中堅・中小企業の社内システムのクラウド化の推進で日本マイクロソフトと協業する、と11月19日発表した。さくらインターネットのホスティング「さくらの専用サーバー」とクラウドサービス「さくらのクラウド」で、マイクロソフトのサーバーソフト「Microsoft Windows Server 2012 R2」を採用したサービスの提供を始める。

さくらインターネットは、Windows Serverのクラウド化へのニーズの拡大や、仮想化技術の進歩、Windows 提供基盤の準備が整ったことなどから、Windows Serverを活用したサービスに本格的に参入することにした。早期評価を行った結果、中堅だけでなく大企業を対象にしたクラウドサービスにも十分適用可能と確認できた。マイクロソフトと連携して幅広いサービスを提供することを狙いに協業する。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja-jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]