博報堂DYなど、ソーシャルメディア投稿を自社サイトに自動掲載する「Social Gallery」開始

サイト更新の手間が省けるとともに効果的な情報活用が可能、自社アカウントのファン増加も
よろしければこちらもご覧ください

博報堂、大広、読売広告などを傘下に持つ博報堂DYホールディングスのグループ横断組織「博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンター」と、サイト制作・コンサルティングの博報堂アイ・スタジオは、企業がソーシャルメディアに投稿した情報を自動収集し、企業の自社サイト(オウンドメディア)にコンテンツとして自動的に掲載できるサービス「Social Gallery(ソーシャルギャラリー)」を11月19日始めた、と同日発表した。サイト更新の手間が省けるとともに効果的な情報活用が可能になる。

Social Galleryは、「Facebook」「Twitter」に投稿した情報を定期的に読み込み、オウンドメディアに自動掲載する。手間をかけることなく複数の方法で情報発信できるうえ、一定の時間を経るとタイムラインで流れてしまって目に触れにくくなるFacebook、Twitterの弊害をなくす。商品ごとに運営している複数のソーシャルメディアの情報を一元化したり、投稿情報をテーマごとに分類した掲載もでき、人気順に大きさを変えた掲載も可能になる。ソーシャルメディアの自社アカウントのファン増加にもつなげられる。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

博報堂アイ・スタジオ
http://www.i-studio.co.jp/

Social Gallery
http://social-gallery.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]