ALBERTとエイジア、ビッグデータ解析で最適化したメールを配信するソリューション提供

ALBERTの「smarticA!DMP」とエイジアの「WEBCAS e-mail」を連係させてトータルで支援

レコメンド・行動ターゲティング広告システムのALBERT(アルベルト)と、メールマーケティングのエイジアは、企業内に蓄積されたビッグデータを解析して各ユーザーごとに最適化したメールを最適なタイミングで自動配信するソリューションの提供を始めた、と11月19日発表した。ALBERTのプライベート・データマネジメントプラットフォーム「smarticA!DMP」とエイジアのメール配信システム「WEBCAS e-mail」を連係させる。

smarticA!DMPはWeb、メール、コンタクトセンターなど各マーケティング施策を自動実行でき、WEBCAS e-mailは毎時300万通の高速配信を実現するメール配信システムとなる。両者の連係によって、ビッグデータ分析からメールコミュニケーションシナリオの設計、メールコンテンツ制作、高速メール配信までトータルで支援し、企業のニーズに対応する。実店舗とオンラインでアパレル事業を行うベイクルーズの導入が決まっている。

ALBERT
http://www.albert2005.co.jp/

エイジア
http://www.azia.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]