ヤフー、クラウドソーシングでのマイクロタスクの高度化・実用化に向けて筑波大と共同研究

タスクを効率的に処理するための研究やクラウドソーシングで解決できるタスク実験など実施
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、クラウドソーシングでの軽作業を中心にした仕事、マイクロタスクの高度化・実用化に向けて筑波大学と共同研究を始めた、と9月13日発表した。ユーザーがタスクの処理に要した時間やユーザーの属性など、クラウドソーシング事業で得られる情報をヤフーが筑波大に提供。ヤフーの社内組織「Yahoo! JAPAN研究所」と筑波大の研究チームが、クラウドソーシングでタスクを効率的に処理するための研究やクラウドソーシングで解決できる新たなタスクの検討・実験などを実施する。

ヤフーは、研究成果を活用してサービス改善や顧客企業への提案に役立てる。ヤフーが運営する「Yahoo! JAPAN」は、クラウドソーシングサービスの「Yahoo!クラウドソーシング」を展開。企業の課題「タスク」をユーザーの力で解決するサービスで、2013年1月の開始以来、1400万件のタスクが15万人以上のユーザーによって実施された。筑波大は、マイクロタスクを使ったクラウドソーシング研究の第一人者、図書館情報メディア系の森嶋厚行教授が、世界的に先進的な取り組みを行っている。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

筑波大学
http://www.tsukuba.ac.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]