DNP、米マスターカードなどと「ホワイトラベル」対応可能なモバイルウォレットサービスを提供

企業は独自のモバイルウォレットサービスが容易に実施できてポイントやクーポン情報配信も可能

大日本印刷(DNP)は、世界的な決済サービスの米マスターカード、モバイルトランザクション技術の米C-SAMとともに、日本の企業向けに「ホワイトラベル」に対応可能なモバイルウォレットサービスの本格提供を始める、と8月20日発表した。ホワイトラベル対応は、非接触決済、プリペイド、クーポンなどの機能を事前に実装することで、さまざまな企業ブランドでのサービスを展開しやすくしたひな型のウォレットとなる。

マスターカードの非接触決済ソリューション「Mobile PayPass」の技術を、C-SAMのモバイルサービスプラットフォームに統合。非接触決済、クーポンなどの機能をあらかじめ実装したアプリやシステムを提供する。ホワイトラベルによって企業は、自社独自のモバイルウォレットサービスを容易に実施でき、スマートフォンでの非接触決済手段に加え、ポイントサービスや購買履歴に基づくクーポン情報配信などが可能になる。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

マスターカード
http://www.mastercard.co.jp/

C-SAM(英語)
http://www.c-sam.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]