博報堂DYグループ、店頭販促物の制作を支援するサービス「Social POP」の提供を開始

ソーシャルメディアの口コミ情報を収集し、口コミ情報を活用したPOPを制作
岩佐 義人(Web担 編集部) 2013/6/13 0:54

博報堂DYグループの博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンターは、コンテンツ制作の博報堂アイ・スタジオと共同で、ソーシャルメディアに拡散した口コミ情報を収集し、店頭販促物(POP)制作への活用を支援する「Social POP(ソーシャルポップ)」を開発、提供を開始した、と6月12日発表した。顧客企業の商品情報を紹介するサイトに「ソーシャルプラグイン」を埋め込み、「Facebook」「mixi」「Twitter」「Google+」「LINE」の口コミ情報を横断的に収集し、口コミ情報を活用したPOPをスピーディーに制作できるという。

Social POPで収集した口コミ情報はデータベースに蓄積する。顧客企業はデータベースを活用し、性別・年齢別・職業別・居住地域別などさまざまな視点で絞り込み、商品の人気や評判を分析することができる。長期にわたって口コミを収集すれば、季節によって変化する生活者の商品に対する興味や利用方法の違いが把握できる。収集した情報はデータ形式で出力可能なため、チラシやステッカー、ポスター、デジタルサイネージ(電子看板)などの店頭販促物に口コミ情報をさまざまな形で加工して活用できる。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

博報堂アイ・スタジオ
http://www.i-studio.co.jp/ja/

用語集
Facebook / Google+ / LINE / POP / mixi / ソーシャルメディア / プラグイン / 口コミ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]