博報堂アイ・スタジオがオフラインプロモーション支援ソリューションのトライアル開始

映像認識技術開発のNSENSEと連携、画像や顔の認識技術で収集したデータを統合・可視化
よろしければこちらもご覧ください

ウェブサイト制作・システム開発の博報堂アイ・スタジオは、生活者の行動を可視化してオフラインのプロモーションを支援するソリューションのトライアルを始めた、と3月26日発表した。映像認識技術開発のNSENSEと連携して実施する。博報堂アイ・スタジオのデジタル領域でのマーケティング・制作の知識と、NSENSEが保有する画像や顔の認識技術を組み合わせる。まず、NESENSEの技術で収集したデータを活用して統合・可視化し、オフラインの顧客体験やブランド体験の設計からプロモーション施策まで一括して実現するソリューションのトライアルを行う。

オフラインの小売りでは生活者の反応をリアルタイムに計測・分析して新たな顧客体験に結び付けることが難しかった。生活者行動の可視化が困難で、投資対効果の検証・算出が容易ではないなどの課題がある。しかし近年は、AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)技術でオフライン店舗での生活者の性別・年齢や動線などの計測・分析が可能になっている。トライアルを展開するソリューションはIoT、ネットワークカメラを使ってオフラインのデータを収集・統合・可視化し、そのデータを活用してプロモーションのプランニング・実施・評価を提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス