ソネット・メディア・ネットワークスがネイティブ広告の配信を強化、スマートデバイス向け広告在庫を拡充

新たに接続を開始するSSPは、「CA ProFit-X」と「adstir」
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/3/26 7:00

マーケティングテクノロジーのソネット・メディア・ネットワークスは、同社のDSP「Logicad」のネイティブ広告強化を目的に、新たにSSPとの接続を開始し、スマートデバイス向け広告在庫の拡充を図る、と3月23日発表した。新たに接続を開始するSSPは、「CA ProFit-X」(サイバーエージェント提供)と「adstir」(ユナイテッド提供)。

2017年のインフィード(ネイティブ)広告市場は、1,903億円(前年対比36%)に達しており、今後、スマートデバイス上の動画広告の拡大などがあるため、2023年には3,921億円(17年比約210%)に達するとの予測がある。ソネット・メディア・ネットワークスでは、今後も「Logicad」において、ネイティブ広告在庫の拡大を進め、所有するデータを瞬時に高速解析する技術とあわせた広告効果の最大化を目指す。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]