DAC、スマートデバイス向けにリッチ広告を配信する「Crisp Engage」を日本国内で独占提供

スマートデバイスに向けたリッチ広告テクノロジーを展開するCrisp Mediaと連携
岩佐 義人(Web担 編集部) 2012/7/7 0:09

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、米国Crisp Media,Incと提携し、スマートデバイス向けリッチ広告配信プラットホーム「Crisp Engage」を日本国内で独占提供する、と7月3日発表した。位置情報を活用した店舗誘導など、スマートデバイス向けの広告手法としてリッチ広告の需要が高まっているため、DACでは、全世界でスマートデバイスに向けたリッチ広告テクノロジーを展開するCrisp Mediaと連携することにした。

Crisp Engageは、米国のインターネット広告標準策定団体「IAB(Interactive Advertising Bureau)」の進めるスマートデバイスリッチ広告の統一規格「MRAID」に対応。iPhone、iPad、Androidへのシームレスな配信が可能で、動画配信やソーシャルメディアへの対応、カレンダーとの連携、ゲーム機能といった多彩なリッチ広告フォーマットをもつ。また、リッチ広告作成を支援する操作性にすぐれた管理画面、詳細なレポートも提供可能などの特徴がある。

DAC
http://www.dac.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]