1組織1ドメイン名の原則 とは 意味/解説/説明

よろしければこちらもご覧ください

1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組織)、「or.jp」(社団法人・財団法人)、「co.jp」(企業)などの属性型(組織種別型)・地域型JPドメイン名では、日本国内に登録者の住所があることが必要で、「1組織1ドメイン名の原則」が適用される。ただし、汎用JPドメイン名(.jp)は複数のドメイン名登録が認められている。

参照: http://jprs.jp/about/jp-dom/spec/

以前は、企業の統廃合や合併などにより、1組織で複数の属性型(組織種別型)・地域型JPドメイン名を持つことになった場合は、原則としてドメイン名の移転承認から6か月以内に1つのドメイン名を選択し、他のドメイン名を廃止しなければならなかった。

しかし、2014年の規則改訂により、「組織名変更」「合併」「事業譲渡」が2014年2月17日以降に発生し、その事実が客観的かつ公に確認可能である場合には、1組織にて2つ以上の属性型・地域型JPドメイン名の登録を可能となった。

ただし、本制度の適用を受け、1組織にて2つ以上の属性型・地域型JPドメイン名を登録している場合、ドメイン名の文字列を変更(ドメイン名変更)できるのは、複数のドメイン名のうち1つのみ。

参照: http://jprs.jp/whatsnew/notice/2014/20140217-rule.html

この記事が役に立ったらシェア!

用語「1組織1ドメイン名の原則」が使われている記事の一覧

全 2 記事中 1 ~ 2 を表示中

属性型・地域型JPドメイン名

日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性型(組織種別型)・地域型JPドメイン名」。

属性型JPドメイン名には、
・.CO.JP(会社)
・.OR.JP(法人組織)
・.NE.JP(ネットワークサービス)
・.AC.JP(高等教育機関、学術研究機関)

汎用JPドメイン名

日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。

「ドメイン名.jp」の形になっているものを指す。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]