日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

イトーヨーカ堂 第2類医薬品をネットスーパーで販売 最短4時間で配達

頭痛薬や鼻炎薬などの第2類、指定第2類医薬品の約1130アイテムの取り扱いを開始。合計で最大約1580アイテムに

イトーヨーカ堂は11月28日、首都圏7店舗のイトーヨーカドーネットスーパー(NS)で、第2類医薬品の販売を始めた。12月11日には、先行7店舗を含め、医薬品取り扱い全店104店舗に拡大する。

第3類医薬品に加え、頭痛薬や鼻炎薬などの第2類、指定第2類医薬品の約1130アイテムの取り扱いを開始。合計で最大約1580アイテムに増やした。

注文から最短4時間で自宅まで届ける。また、医薬品に関する問い合せ時には、各店舗の薬剤師や登録販売者が対応する。

同社のNS事業は全国24都道府県で146店舗、総会員数は約160万人。14年2月期における売上高は約520億円を見込んでいる。

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]