日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アマゾンが小田原FCを本格稼働 国内9か所目 当日お急ぎ便のエリアも拡大

「アマゾン小田原FC(フルフィルメントセンター)」は5階建てで総床面積は約20万平方メートル

アマゾンジャパン・ロジスティクス(本社東京都、瀧井聡社長)は9月3日、神奈川県小田原市に「アマゾン小田原FC(フルフィルメントセンター)」を本格稼働させた。これによりAmazonプライム会員が利用できる「当日お急ぎ便」の対象エリアが静岡県まで拡大する。

「小田原FC」は5階建てで総床面積は約20万平方メートル。同社が国内に持つ物流センターの中では最大規模となる。書籍、CD、家電、ホーム&キッチン用品、消費財をはじめ多くの商材カテゴリーを取り扱い、品揃えの充実を図る。出品者の商品在庫の保管や出荷を代行する「フルフィルメントby Amazon」の拠点としても活用する。

「小田原FC」の本格稼動開始にともない、14年3月頃までに、狭山FC(埼玉県)、芳野台FC(埼玉県)、常滑FC(愛知県)の在庫を小田原FCに集約し、物流の効率化を図っていく。これにより、アマゾンが展開する国内の物流センターは9カ所になる。

・アマゾンのプレスリリース
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20130903

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]