日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

楽天 太陽光を全国展開 10月、需要増でエリア拡大

見積もり依頼が計画を上回るなど、需要が見込めることから全国展開を決めた。

楽天は10月上旬までに、自社ブランドの住宅用太陽光発電システム「楽天ソーラー」の販売地域を全国に広げる。7月の発売以来、販売地域は首都圏や東海と関西の一部地域に限定していた。見積もり依頼が計画を上回るなど、需要が見込めることから全国展開を決めた。

販売エリア拡大に向けて現地調査と施工の体制整備を進めている。現地調査や営業、契約、設置工事などは、太陽光発電販売大手の日本エコシステムに委託。離島や豪雪地などは全国展開後も販売しない。

見積もり依頼は専用サイトで受け付けている。ユーザーは衛星写真を使ったシミュレーションソフトで自宅を割り出し、予想発電量や概算の設置価格を試算する。現地調査の日程予約もウェブで受け付けている。

現地調査依頼の受理件数は、「当初計画の約2倍寄せられている」(PR推進グループ)と話している。

補助金受給後の実質設置価格は1軒当たり約85万~約132万円で、店頭販売や訪問販売の実勢価格と比べて約3割安い。パネルはシャープから供給を受けている。

・楽天ソーラー
http://solar.rakuten.co.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]