日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

イオンモールオンラインが総合モール展開へ EC事業者の出店も増やす

ファッションだけでなく、食品や家具なども取り扱う総合モールとして展開していく考え

イオンモール(本社千葉県、岡崎双一社長)は、9月3日に開設したECモール「イオンモールオンライン」を、ファッションだけでなく、食品や家具なども取り扱う総合モールとして展開していく考えだ。EC専業事業者の出店も募集して、規模拡大を図っていく。

「イオンモールオンライン」は開設時点で約140店舗が出店した。出店者は全てアパレルやファッション雑貨を取り扱う事業者で、開始時点ではファッションのみを取り扱うモールとなっている。

今後は「イオンモール(実店舗)では飲食店やフラワーショップなどさまざまな商品を販売しており、ネットでも将来的には取り扱い商材を広げていく予定」(阿江進EC事業推進部長)としている。

現在は実店舗を構える事業者がモールに出店しているが、今後はEC専業事業者も誘致していく考え。「ネットショッピングモールで成績の良いEC事業者には、実店舗の案内も進めていきたい」(同)としている。

出店料は固定費に加え売り上げに応じた手数料がかかる(手数料などは非公表)。ページは規定のデザインが用意されており、そこに商品説明や写真などを入れる形式だ。出店者にはフリーの特集ページが用意されており、そのページデザインは自由に設定できる。

集客はイオングループのネット情報サイト「イオンスクエア」から行い、イオンのネットスーパーの顧客や電子マネー「WAON」のユーザーを誘導していく。

メルマガは現時点ではイオンモールが配信するが、将来的には、店舗ごとに配信できるようにする予定としている。

・イオンモールオンライン
http://www.aeonmall.co.jp/shop/default.aspx

・イオンモール株式会社
http://www.aeonmall.com/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]