日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

楽天リサーチがソーシャルリサーチ導入 米Passenger社と業務提携で

ショッピング利用者が多いため、購買動向などの情報収集を行える点を強みに提供していく。
よろしければこちらもご覧ください

楽天リサーチ(本社東京都、森学社長)は5月15日、米Passengerと業務提携し、SNSを活用した調査サービスを開始すると発表した。楽天の約7680万人の会員基盤を生かし、指定のサービスのSNSにおける評判などを調査する。ショッピング利用者が多いため、購買動向などの情報収集を行える点を強みに提供していく。

米Passengerが持つシステム「ソーシャルリサーチ」を利用し、特定のテーマに関して興味関心のある人を集め、自然な会話を行う場を提供。従来の調査手法では発見が難しかった生活者の本音を調査する。同サービスは年内に楽天リサーチでの取り扱いを開始する予定。

まず日本国内での新サービスの浸透を図るとともに、今後はアジアマーケットでの展開を視野に入れた連携を目指すとしている。

・楽天株式会社のニュースリリース
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2012/0515.html

・市場調査・マーケティングリサーチ会社の【楽天リサーチ】
http://research.rakuten.co.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]