日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ストラップヤネクストがB2Bの卸サイト「ストラップ問屋」開設

携帯電話販売店をはじめ、スマートフォン、携帯電話グッズを取り扱う事業者向けの会員制サイトとして

携帯電話用ストラップのEC会社、StrapyaNext(ストラップヤネクスト、本社神奈川県)は1月5日、BtoBの会員を対象とした専用サイトを開設した。同社は家電量販店などにオリジナルストラップの卸事業を展開しているが、専用通販サイトを開設するのは初めて。会員の利便性向上につなげる。

サイトの名称は「ストラップ問屋」。携帯電話販売店をはじめ、実店舗でスマートフォン、携帯電話グッズを取り扱う事業者向けの会員制サイトとして展開する。

審査を経て会員になった企業に、卸価格で販売する。

現在、取り扱っているのはオリジナル商品を中心に3000点。今後、商品開発を進めて商品点数を拡大する。

ストラップヤネクストは主力のEC事業のほか、受注管理システム販売のEC支援事業、海外事業、卸販売事業を手掛けている。今回の新サイト開設で、同社の運営するサイトは計25店舗となる。

・ストラップ問屋
http://strapdonya.com/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]