日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

楽天S4でFacebookに加えてmixiページ開設も支援

「楽天S4」の対象を、従来のフェイスブックページに加え、「mixiページ」に拡大

楽天は2月6日から、「楽天市場」の出店者に対し、SNS「mixi」上に、企業の専用ページ「mixiページ」を制作する代行サービスを開始すると発表した。専用のSNSページを制作するサービス「楽天S4」の対象を、従来のフェイスブックページに加え、「mixiページ」に拡大した。日本で多くのユーザーを持つ「mixi」上に専用ページを設けることで、サイトへの集客を支援する。今後、フェイスブックページ、mixiページのそれぞれの特性を踏まえ、最適なページ作りの講習も行っていく考え。

「楽天S4」を利用した出店者はSNS上に専用ページを開設でき、「楽天市場」に登録している商品情報が自動的に専用のSNSページに表示されるようになっている。SNSページ上の商品情報をクリックすれば、同商品の販売ページに移動する仕組み。mixiページに特化した機能は特になく、フェイスブックページと同じ内容のページが作られる。

初期費用は無料だが、月額利用料3000円とSNSページ経由の売り上げの1%が加算される仕組み。年間契約となっており、月額利用料は1年分が一括して請求される。フェイスブックから対象をmixiページに広げたことによる追加料金はない。

楽天は11年10月から「楽天S4」の提供を開始。11年12月末時点で約1万店が同サービスを利用している。

・楽天ニュースリリース
http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2012/0116_2.html

よろしければこちらもご覧ください

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]