日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

セガがソーシャルゲーム強化 米の開発会社スリー・リングス・デザインを買収

スマートフォン普及が進んだことで、オンラインゲーム事業を積極的に拡大する。

セガはソーシャルゲームなどのオンラインゲーム事業を強化する。10月にオンラインゲーム開発の米スリー・リングス・デザイン(本社サンフランシスコ)を買収。スマートフォン普及が進んだことで、オンラインゲーム事業を積極的に拡大する。買収額は20~30億円とみられる。

セガは買収により、アイテム課金や、ソーシャルゲームのコンテンツを開発するためのノウハウを吸収。欧米のオンラインゲーム市場の開拓も強化する。

スリー社がこれまでに開発した課金制のゲームは6タイトル。複数のユーザーが協力してパズルを攻略する「パズルパイレーツ」は、欧米を中心に約600万人以上の会員を抱えている。

スリー社は01年に設立。社員数は正社員35人、契約社員25人の合計60人。

・株式会社セガ
http://sega.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]