日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

「やさい便」でクックパッドが有機野菜ECに参入 初年度会員数1万人目標

会員に材料を販売することで、主力のレシピサイト利用との連動を強化させるのが狙い
よろしければこちらもご覧ください

※2011-11-18修正 やさい便の開始時期は12月中旬を予定しているとのことで、本文の記述も修正いたしました。

サイトイメージ

日本最大の料理レシピサイトを運営するクックパッドがEC事業に参入する。12月中旬から野菜の定期宅配ボックスの販売を開始。農事組合法人の和郷園と共同開発し、「クックパッドのやさい便」として販売する。初年度会員数1万人の獲得を目指す。会員に材料を販売することで、主力のレシピサイト利用との連動を強化させるのが狙い。

販売する商品は「和郷園OTENTOセレクト 旬の新鮮野菜定期ボックス」。旬の野菜を8品目と果物1~2品を詰め合わせる。価格は1980円(税込)。

配送はヤマト運輸を利用。まず都内23区内を営業エリアに展開し、全国に拡大する。将来的には取り扱い商材を増やすことで、レシピの利用との連動を強化していく考えだ。

同社によると、年間1476万人の会員が料理を行い、推定で年間3.4兆円の食材購入市場を創出しているという。

レシピの提供にとどまらず食品の定期販売を始めることで、生産者と消費者の距離を縮めていく。

クックパッドのプレスリリース(PDF)

・やさい便サイト
http://shop.cookpad.com/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス