Web解析のためのKPI大全

1訪問あたり平均収入

よろしければこちらもご覧ください

1訪問あたり平均収入

1訪問あたり平均収入は、webサイトの収益パフォーマンスを測定する、より細かい指標であるが、1人あたり平均収入と意味するところはほとんど同じである。

  • 定義

    1人あたり平均収入の「訪問者数」を「訪問回数」と置き換えればよい。このKPIのバリエーションの1つである、検索エンジン経由の訪問1回あたり平均収入の算出式は、

    {検索エンジン経由の訪問から発生した収入の総和}÷{検索を利用した訪問回数}={検索エンジンからの訪問1回あたり平均収入}

    となる。この検索関連KPIを測定できるかどうかはアクセス解析ツールの収入セグメンテーション機能に依存する。最低1回検索結果ページを見たかどうかを基準にセグメンテーションを行い、セグメントごとの収入と訪問回数を使って計算する。

  • 表現形式

    1人あたり平均収入の項を参照。

  • 想定される結果

    1人あたり平均収入は長期的で、時間とは独立している指標だが、1訪問あたり平均収入を使えば、マーケティングやコンバージョンの現時点での評価ができる。1訪問あたり平均収入と、1人あたり平均収入を並べてみてみると、短期的施策が今は効果を挙げているが、顧客生涯価値にはあまり貢献していない、というようなこともわかるかもしれない。

  • 行動

    1人あたり平均収入の項を参照。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]