日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ケンコーコムの筆頭株主が楽天子会社に 第3者増資で後藤社長と並ぶ

RSエンパワメントが18.4%を保有することになり、筆頭株主となる。

医薬品、日用品ECのケンコーコム(本社東京)は3月17日、楽天の100%子会社で投資事業を行うRSエンパワメント(本社東京)を割当先とする第3者割当増資を実施すると発表した。RSエンパワメントが18.4%を保有することになり、ケンコーコムの後藤玄利社長と並んで同社の筆頭株主となる。

ケンコーコムは増資により3億9344万8000円を調達する。調達資金は取扱商品の拡大、基幹システムの刷新、中国向け事業、システム投資に充てる。

発行価額は1株あたり5万2600円。7480株を新たに発行する。RSエンパワメントからの役員の派遣などは行わない。

今回の投資について、ケンコーコムでは、楽天との関係強化の意味合いはないと説明。「あくまで純粋に投資してくれる企業を探していた。楽天の子会社ということもあって、ECに対する理解が高かったため、投資してもらうことになった」(広報)としている。

・ケンコーコムIR情報
http://www.kenko.com/company/ir/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]